奈良べっ甲とは


<歴史の結晶>

桜井市の上之宮遺跡からは、日本最古の加工された跡がある
「べっ甲」が出土しています。
正倉院宝物の中にもべっ甲細工は伝えられており、
千三百年以上の歴史を持つ伝統工芸品として、現代に受け継がれています。
池田工房は、この縁のある奈良・桜井の地で四十年以上も工房を開き、
伝統の技術を守っています。



奈良べっ甲は、細かい透かし彫りのデザインを繊細な天然素材であるべっ甲に施す
熟練の伝統統技技が特徴です。
近年では、その技を様々な素材に施したり、異素材と合わせたり、
異業種の職人とコラボをした作品作りなど、伝統の技術で新しい挑戦をしています。
 

NARA KICCOとは





池田工房からうまれた新ブランド。

べっ甲の素材である亀は幸運を呼ぶ吉兆のシンボル。
石言葉として「未来」「予知」「生命力」などがあります。

祈りを込めて、べっ甲職人がひとつひとつ手磨きで仕上げました。
本べっ甲ならではの、深みのある美しい色と艶。



一生のお守りとして、新しい人生の門出の祝福に
NARA KICCOは本物のべっ甲ジュエリーをご提案します。

大切な方へ、そして自分へ
思いを込めて。